環境に関する取り組み

環境配慮型工場設備

  • LED化 ①旧工場を含めた全面LED化

    新規に建設した工場に引き続き、新建設後も残る旧工場設備についても全面的にLED照明への換装を行いました。
    これにより年間約65,000kWh程度の電力量削減が見込まれます。
    今後とも工場全体としてのエネルギー効率向上に務めてまいります。

    • 完成予想図 ②自然エネルギーの有効利用

      新しく建設する工場の屋根に、約300kWの太陽光パネルを設置しております。
      これにより、自然エネルギーの有効利用と環境負荷の低減に務めます。

    • 完成予想図 ③冷暖房等の効率向上

      外壁には、断熱効果の高い建材・工法を採用し、合わせてエアー搬送ファンによる空調効率の向上で空調エネルギーを抑制し、CO2の削減と作業環境の改善にも取り組んでおります。
      また、LED照明器具の全面採用や、超高効率変圧器の導入等により、工場全体としてのエネルギー効率向上に務めております。

    • ④工場全体でのエネルギー管理システムの導入

      工場内のエリアごとのエネルギー使用量を可視化するデマンドモニタの設置により、全体のエネルギー使用量を集中管理し、効果的な節電対策を実施しております。

    • ⑤周辺への騒音対策

      発電機、コンプレッサーなど大きな音の発生する装置については防音性の高い建物内への設置に加えて配置を工夫し、近隣地区への影響を最低限にするように対策をとっております。

    • ⑥節水対策

      キャンドモータポンプの性能検査設備は水回収、循環システムを採用し、上水及び排出水の削減に務めております。

事業環境に伴う環境負荷

  • グラフ4
  • PAGE TOP