リバースサーキュレーション形キャンドモータポンプ(R形)

液化ガスや低沸点液などの気化し易い液を取扱うキャンドモータポンプです。ベアリングの潤滑とモータの冷却を行う循環液は、吸込タンクのベーパーゾーンへ戻す構造となっていますので、キャビテーションやベーパーロックといったトラブルのない安定した運転が行えます。
たて形は特に蒸気圧が高くNPSHaの小さい液化ガスに最適です。多段形は複数枚のインペラを有する高揚程用のポンプで、仕様に合った最適な枚数のインペラと独自の設計により高効率を可能にしています。

標準形

リバースサーキュレーション形キャンドモータポンプ(R形)
用途 フ口ン、液体アンモニア、液化炭酸 ほか
製作仕様 吐出量 最高 13m³ / min
全揚程 最高 160m
モータ出力 最高 220kW

たて形

たて形インラインポンプ(RW & RV形)
用途 LPG、エチレン、プロピレン等のハイドロカーボン ほか
製作仕様 吐出量 最高 7m³ / min
全揚程 最高 160m
モータ出力 最高 120kW

多段形

用途 フロン、液体アンモニア、液化炭酸、LPG、エチレン、プロピレン等のハイドロカーボン ほか
製作仕様 吐出量 最高 2.5m³ / min
全揚程 最高 550m
モータ出力 最高 220kW

PAGE TOP