環境に関する取り組み

気候変動に対する取り組み

  •  気候変動がもたらす負の影響が世界中で深刻化しており、解決に向けて取り組むべき重要な社会課題の一つになっております。
     当社は、「私たちは事業活動を通じて人の心を豊かにするとともに、持続可能な社会の実現に貢献します。」という経営理念のもと、気候変動への対応を重要な経営課題の1つであると認識しております。
     これまでも、当社主力製品である環境にやさしいキャンドモータポンプの製造・販売を通じて環境問題に取り組んでまいりましたが、今後、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」のフレームワークに沿って、脱炭素社会に向けた取り組みの開示を拡充してまいります。
  • ガバナンス

  •  気候変動に係るリスク・機会の抽出、分析、評価、及びこれらの対応方針については、取締役常務執行役員総務本部長を委員長とするリスク管理委員会において審議・決定しております。
     また、取締役会は、リスク管理委員会で審議決定された事項について報告を受け、必要に応じて指示を行う等、気候変動への対応について適切に監督を行っております。

    CO2排出量

    戦略

  •  当社は、事業活動において想定しうる短期・中期・長期の気候変動リスクと機会について、下記のとおり認識し、その対応方針を決定しました。今後、1.5/2℃シナリオ、及び4℃シナリオに基づく分析、各々のシナリオへのリスク・機会の特定、事業インパクトの評価を検討してまいります。
  • リスク・機会の種類
    顕在化時期
    影響度
    対応方針
    リスク
    法規制
    リスク
    規制による一部素材の価格上昇や調達の困難化
    中期
    ・複数社購買の推進、適正在庫量の見直し
    ・代替材料の検討・性能評価
    市場
    リスク
    当社製品の省エネ、低炭素基準未達に伴う顧客離れによる収益減少
    中期
    ・デジタル技術の活用による製品やサービスの低炭素化
    ・脱炭素市場のニーズに対応した製品開発及び販売強化
    ・高付加価値製品の生産体制強化、原価低減、品質向上、リードタイム短縮
    ・国内外の各種法令、規定・規格に準拠した設計対応による市場の維持・拡大
    技術開発と競争軸の急激な変化、新規競争者の参入
    中期
    脱プラスチック、原料・燃料転換による製品需要の縮小・減少
    中期
    評判
    リスク
    情報開示の不足による外部評価の低下
    中期
    気候変動に係る情報開示の充実
    投融資機会の逸失、資金調達コストの増加
    中期
    急性
    リスク
    急激な災害による事業拠点の操業度低下
    中期
    ・BCPの定期的な実効性の見直し及び改善
    ・複数社購買の推進及び新規取引先の開拓
    ・リモートワークの環境整備と重要データのバックアップ
    ・金銭貸与等の復旧支援による機動的な対応
    サプライチェーンの被災による操業停滞
    中期
    機会
    製品・
    サービス
    環境配慮技術の開発や実装に対する助成の強化
    短期
    ・省エネ設備の導入等、製造工程で消費されるエネルギーや排出されるGHGの削減
    ・ポンプ効率、モータ効率の向上による消費エネルギーの削減
    ・脱炭素市場のニーズに対応した製品開発及び販売強化
    環境負荷の大きい商材を代替する技術による事業機会創出
    中期
    環境配慮技術開発の先行による事業機会獲得
    中期
    環境配慮設備に必要な材料や部品、ソリューション需要増加
    中期

    リスク管理

  •  全社的リスク管理については、リスク管理委員会が各種リスクの抽出や対策の検討、実行、管理を行っており、その結果を取締役会に報告しております。報告を受けた取締役会は、必要に応じ、リスク管理委員会に対して指示を行う等の監督を行っております。
     また、気候変動に係るリスクについてもリスク管理委員会が抽出、分析、評価、及びこれらの対応方針を決定し、全社的リスクと併せて対応しております。
     具体的には、期初にリスク管理委員会事務局がリスク管理委員及び各部門の管理職に対してリスクに関するアンケート調査を実施し、リスクの抽出を行います。そして、抽出されたリスクを発生可能性・頻度及び財務・レピュテーションへの影響を評価軸にマトリックスを作成し、対応優先度をリスク管理委員会で議論の上決定します。その結果、対応優先度が高いリスクについては、当該リスクに関連する部門をリスクオーナーとして対応策を検討し、部門ごとにリスクマネジメント計画を策定します。各部門が策定したリスクマネジメント計画はリスク管理委員会で承認され、その結果がリスク管理委員会事務局を通じて取締役会に報告されます。そして、各部門で実行されるリスクマネジメント計画の取組結果については、半期ごとにリスク管理委員会で報告され、リスク管理委員会事務局は、当該報告内容を取締役会に報告しております。報告を受けた取締役会は、必要に応じ、リスク管理委員会に対して指示を行う等の監督を行っております。

  • 指標と目標


  •  気候変動の評価指標としては、CO₂排出量を選定しております。海外拠点におけるScope1及びScope2のCO₂排出量測定、当社グループ全体におけるScope3の排出量測定、シナリオ分析等を踏まえた事業活動におけるCO₂排出量の削減目標の設定については今後開示を検討してまいります。 なお、国内の製造拠点におけるScope1及びScope2のCO₂排出量の実績は以下のとおりであります。
    スコープ1、2実績(国内製造・サービス拠点)
    • CO₂排出量
    • CO₂排出削減効果
    • 太陽光発電(自家消費)
    • (参考)
    • 太陽光発電(売電)

    ※「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」を使用しているため、参考値として掲載しております。



  • 環境負荷低減に関する取り組み

    環境配慮型工場設備

    • LED化 ①旧工場を含めた全面LED化

      2017年4月に建設した新本社工場はもちろん、旧工場設備についても全面的にLED照明への換装を行っております。
      これにより年間約65,000kWh程度の電力量削減が見込まれます。
      今後とも工場全体としてのエネルギー効率向上に務めてまいります。

      • 完成予想図 ②自然エネルギーの有効利用

        2017年4月に建設した新本社工場には約300kWの太陽光パネルを設置しております。(売電)
        また、2021年12月に本社工場内に移転した技術開発センターにも40kWの太陽光パネルを設置しております。(自家消費型)
        これにより、自然エネルギーの有効利用と環境負荷の低減に務めております。

      • 完成予想図 ③冷暖房等の効率向上

        新工場の外壁には、断熱効果の高い建材・工法を採用し、合わせてエアー搬送ファンによる空調効率の向上で空調エネルギーを抑制し、CO2の削減と作業環境の改善にも取り組んでおります。
        また、LED照明器具の全面採用や、超高効率変圧器の導入等により、工場全体としてのエネルギー効率向上に務めております。

      • ④工場全体でのエネルギー管理システムの導入

        工場内のエリアごとのエネルギー使用量を可視化するデマンドモニタの設置により、全体のエネルギー使用量を集中管理し、効果的な節電対策を実施しております。

      • ⑤周辺への騒音対策

        発電機、コンプレッサーなど大きな音の発生する装置については防音性の高い建物内への設置に加えて配置を工夫し、近隣地区への影響を最低限にするように対策をとっております。

      • ⑥節水対策

        キャンドモータポンプの性能検査設備は水回収、循環システムを採用し、上水及び排出水の削減に務めております。

    水使用量(国内製造・サービス拠点)

    • 水使用量

    PAGE TOP